平成30年6月藤沢市議会定例会を振り返って④

 柄沢区画整理事業の清算についてです。この事業の対象権利者数は、約1千1百人います。そのうち、交付となる方が約9百人で、徴収となる方が約2百人となります。  交付については、5万円未満の方々が交付全体の8割。徴収については30万円以上70万円未満の方々が徴収全体の8割をしめます。  藤沢市議会6月定例会で、藤沢市都市計画事業柄沢土地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成30年6月藤沢市議会定例会を振り返って③

 建設経済常任委員会に「安心して住み続けられるUR賃貸住宅について意見書提出を求める陳情が提出されました。 陳情者代表は、善行団地自治会長の藤谷昌男さんで、他1,915名の署名が添えられていました。 陳情項目は、低所得世帯に対し、独立行政法人都市再生機構法第25条第4項の「家賃の減免」条項の実施、 それと都市再生機構は「団地別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成30年6月藤沢市議会定例会を振り返って②

 湘南民主商工会から出された「所得税法56条廃止の意見書を国に求める請願の紹介議員になりました。  この所得税法56条は、家族間で所得を分割して、租税の負担を軽減するという租税回避を防止する目的で設けられた規定です。所得税法上、個人事業主が支払う給料、家賃、地代などは原則、必要経費に算入できますが、その支払いを「生計を一にする」親族に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成30年6月藤沢市議会定例会を振り返って①

 6月4日(月)〜22日(金)の間でおこなわれた、平成30年6月藤沢市議会定例会が終わりました。  藤沢市介護保険指定地域密着型サービスの基準に関する条例の一美改正について本会議で質疑をしました。この議案は、看護小規模多機能型居宅介護事業所を開設することができる者の資格要件を、「医療法の許可を受けて診療所を開設している者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化ゾーンの再整備と市民ギャラリー

 本市では、「藤沢市第2次公共施設再整備プラン」第2期短期プランの検討事業に、文化ゾーン(藤沢市民会館・南市民図書館)の再整備を位置付けています。 また、公共施設を再整備する際には、何か併設できるものはないか、一緒にできないかなどという「機能集約・複合化による施設数縮減」を基本的な考え方にしています。  文化ゾーン(藤沢市民会館・南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月25日(金)は演説会

 5月25日(金)、藤沢市民会館で日本共産党の演説会をおこないます。午後6時開場6時30分開演です。 お話をするのは、日本共産党の副委員長の市田忠義参議院議員です。国政の私物化、文書の改ざん隠ぺいにセクハラ、暴言が停まらない安倍政権。国会はどうなっているのか。退陣内閣総辞職をどう迫っていくのか。生々しいお話しが聞けると思います。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤沢市議会6月定例会

 藤沢市議会6月定例会は、会期を決める議会運営委員会が開かれてから確定ととなりますが、今のところ6月4日(月)から22日(金)の予定です。  常任委員会は7日(木)建設経済、8日(金)厚生環境、11日(月)子ども文教、12日(火)総務、13日(水)補正予算という日程です。  議員各自がおこなう一般質問は、18日(月)から最終日の22…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大学入学共通テストの英語を考える

 4月18日付けのしんぶん赤旗日刊紙の記事に「シリーズ現代の視点・東京大学教授安倍公彦さんに聞く」という記事がありました。2020年度から始まる大学入学共通テストの英語でTOEICやTOEFL、英検など8種の検定資格試験が使われことになりますが、その問題点について、英米文学者の安倍教授のインタビュー記事でした。小学校での国際(英語)教育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疑惑の徹底究明を!

 しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。 森友・加計・日報 疑惑の徹底究明へ・“国会の集中的取り組み”を 志位委員長が会見  日本共産党の志位和夫委員長は12日、国会内で記者会見し、森友学園疑惑、加計学園疑惑、自衛隊「日報」隠蔽(いんぺい)、過労死隠蔽、教育現場への政治介入などをあげ、「一連の疑惑が“底なし沼”の様相を呈してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の移動支援を考える

 高齢者の移動支援は、市としても大事な課題だと思います。交通は、人やモノの交流や活動を支え、市民生活にとって欠かせないものです。交通を取り巻く社会経済情勢は、地方の過疎化の進行や、地域社会の高齢化、人口減、地球環境問題の深刻化などにより大きく変化してきています。 交通・移動の権利は、日本国憲法が保障した居住・移転の自由(第22条)、生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は防衛省か?

 防衛省の内部文書について新たなことが発覚したようです。しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。 情報公開請求うけ改ざんか・防衛省 「データ更新」認める・穀田議員暴露文書  日本共産党の穀田恵二衆院議員が3月30日の衆院外務委員会で「改ざんの疑いがある」と暴露した「日米の『動的防衛協力』について」と題する防衛省の内部文書に関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村岡新駅の進捗状況

 今年度、村岡新駅に関わる予算額は622万7千円でした。内訳としては湘南地区整備連絡協議会等に対する負担金や需用費、旅費、賃金などの事務的経費となります。  一方鎌倉市の状況ですが、平成31年度の都市計画決定に向けて、手続きを進めていくようです。ただ事業の進捗は、県・鎌倉市と整備費用の負担割合などについて協議・検討をしているところです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非正規で働く人が無期雇用に転換できるルールが始まりましたが

 非正規で働く方に対し、無期雇用に転換できるルールの運用が4月から始まりましたが、それに先立ってどうも雇止めとなるケースが目立っているようです。しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。 無期転換のルール守れ・雇い止めに抗し運動広がる  パートや契約社員など有期雇用で働く人が無期雇用に転換できるルールの運用が4月から始まりました。解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校での国際教育について

 小学校での外国語教育は、32年度全面実施にむけて、取り組まれています。30年度は3・4年生では外国語活動として新たに年間で15時間実施、5・6年生ではこれまでの年間35時間15時間加え年間50時間の実施予定です。32年度の全面実施では56年生が70時間、34年生が35時間になります。  日本語の能力がまだ十分に育っていない中で、子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校入学時の新入学学用品費も前倒し支給に!

 就学援助の入学前支給について、中学入学時の支給が平成31年4月に入学する方から始まることになります。このことについては、昨年の予算等特別委員会でとりあげました。その後も取り上げていく中で、民主クラブさんから激励賛同をいただきました。それから施政方針で実施予定が話され、今回の予算等特別委員会で公明党さんからも質疑がありました。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐川証人喚問に対する日本共産党の見解

 3月27日(火)、佐川前財務省理財局長に対する証人喚問がおこなわれました。答弁拒否が55回と、大変不誠実なものでした。そこまでして安倍内閣を守ろうとする姿は、「官僚の鏡」といわれればそれまでなのかもしれませんが。  しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。   疑惑はいよいよ深まった 幕引き許さず真相徹底究明を・佐川氏証人喚問 志…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

武田薬品湘南研究所について

 昨年、武田薬品の湘南研究所の土地の一部を売却しました。その際、土壌調査をおこなったところ、ヒ素とフッ素の溶出量土壌環境基準が超過をしました。そのことを予算等特別委員会で質疑しました。  検出されたヒ素やフッ素は、分析用に試薬として少量使用していたそうですが、製品の製造には、一切使用していなかったということです。さらに基準値の超過が確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤が岡にあるコンフォール藤沢の市営借り上げ住宅について

 市営借り上げ住宅とは、市営住宅の「民間からの借り上げ」方式のことであり、建物の所有者は市ではなく別の方であり、公営住宅に必要な条件を満たした既設のマンション等を一定期間借り上げ、市営住宅として活用するというものです。  藤が岡にあるコンフォール藤沢には、市営借り上げ住宅が107戸あります。その内の51戸が、平成33年10月31日で借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤が岡2丁目地区の再整備事業について

 予算等特別委員会で様々質疑しました。  今後のスケジュールについては、平成30年1月から3月の間が設計前協議。平成30年4月から基本設計開始、平成31年1月が実施設計開始、平成31年6月から確認申請・積算開始となります。  既存の建物の解体は30年5月から8月で、基礎・杭の解体は31年6月から8月ということです。埋蔵文化財は、30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民利用会議室について

 3月16日(金)に、予算等特別委員会が終了しました。あとは3月20日(火)にそれぞれの会派が、賛否の理由や意見要望を本会議で述べていくという段取りになります。この予算等特別委員会で取り上げた問題について報告をします。  市民利用会議室のことになります。登録団体の状況ですが、A区分の登録団体は74件で、B区分の登録団体は19件にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more