応急手当に係る見舞金をご存知ですか

この制度は、「バイスタンダー(藤沢市消防局が管轄する地域内における救急現場に居合わせた者)が応急手当の実施により藤沢市消防局の救急業務に協力し、その応急手当の実施に伴い感染症のり患が疑われた際の検査費用を見舞金として支給する」制度のことです。私も、消防局の方から聞いて知りました。制度自体は平成29年10月1日から施行されています。
適用要件は、「バイスタンダーが偶発的な事故により感染症にり患した疑いのある場合において、応急処置を実施した事実及び応急手当の実施に伴い感染症にり患した疑いがあることを藤沢市消防局が客観的に判断できるとき」とされています。平たく言うと、応急処置を施している中で、血液であるとか体液であるとかに偶然に触れてしまったなどの場合のことのようです。
こうした規定に該当し、感染症の検査を受けた場合に、「感染検査見舞金」を支給します。当然といえば当然ですが、事故の報告をその日も含めて30日以内に藤沢市消防局に届け出なくてはなりません。
もちろん、不正の場合や見舞金の支給を認めない場合の規定も定めてあります。
詳しくは藤沢市消防局にお問い合わせください。知っておいて損のない制度だと思います。

"応急手当に係る見舞金をご存知ですか" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: