大学入学共通テストへの英語民間試験導入は延期に

 大学入学共通テストへの英語民間試験導入は延期となりました。とりあえず、第一歩というところでしょうか。地域格差や経済格差、違う目的のテストを無理やり共通の基準に当てはめる妥当性や厳密性などなど多くの問題点が指摘されていました。2024年度に新たな試験となるようですが、民間試験の導入は延期ではなく導入そのものをやめるべきです。しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。  萩生田光一文科相は1日の閣議後の記者会見で、2020年4月の大学入試への英語民間試験の導入について、延期すると表明しました。同試験をめぐっては、家庭の経済力や居住地で格差が生じるとの懸念が現役高校生や幅広い教育関係者から噴出。野党は共同で導入延期法案を衆院に提出し、日本共産党の畑野君枝議員が10月30日の衆院文部科学委員会で撤回を要求。野党は一致して導入中止を求めていました。  導入延期を受け、延期を求めて文科省前などで声を上げてきた高校生が1日夕に国会を訪れ、野党議員と報告集会を開催。高校2年の男子生徒は「声をあげたことが初めて実る経験をした。日本では決まったことは仕方がないと受け入れることが多いが、おかしいと声をあげたことに応援・賛同してくださる方が増え、改悪を止める第一歩を踏み出せたことに感謝します」と発言。高校1年の女子生徒も、延期の知らせが学校で話題になったとし「今まで声を上げても何も変わらないと思っていた。でも、この問題を通じて、声を上げる人がいるから変わるんだと思えた」と語りました。  萩生田氏は10月24日のB…

続きを読む