消費税減税・廃止を、日本共産党のよびかけ

 10月1日から消費税増税がおこなわれました。日本共産党の消費税減税・廃止を求めるよびかけは以下の通りです。  消費税減税・廃止を求める、新たなたたかいをよびかけます  消費税10%強行に満身の怒りを込めて強く抗議する  本日、安倍政権は、国民の強い反対と危惧の声を無視して、消費税率を10%に引き上げる大増税を強行しました。日本共産党は、国民の暮らしの悪化も、景気と経済を壊すこともかえりみない、この愚行に対し、満身の怒りを込めて強く抗議します。  国民のみなさん。  たたかいはこれからです。この大増税は、強行されたからといって、そのままにしておくことは決してできません。耐えがたい重税によって、暮らしと経済が土台から破壊されることを、座視するわけにはいきません。  私たちは、この日にあたって、消費税の減税と廃止を求める新たなたたかいをおこすことを、心から訴えるものです。  31年の消費税の歴史は何をもたらしたか――消費税廃止にむけ力をあわせよう  国民のみなさん。  今年は、消費税導入が強行されて31年目になります。この税金が、日本に何をもたらしたか。31年間の歴史で明らかになったことが3つあります。  第一は、消費税が、「社会保障のため」でも、「財政危機打開のため」でもなく、大企業と富裕層の減税の「穴埋め」に使われたということです。  この31年間で消費税収は397兆円ですが、ほぼ同時期に法人3税の税収は298兆円減り、所得税・住民税の税収も275兆円減りました。…

続きを読む