国民健康保険料の引き下げを

6月定例会の常任委員会報告で、国民健康保険の料率について報告があり、令和元年(2019年)度の保険料は、実質据え置くこととなりました。
本市の国保には、5万5655世帯が加入しています。その内、収入、申告のない世帯が約20%、年金などその他所得の世帯が約38%で、高すぎる保険料はもう限界です。そのため、保険料の滞納世帯は、加入世帯の約3割。差押えの件数は、487件になります。厳しい催促よりも、相手の立場にたったきめ細やかな納付相談が求められます。
 このような厳しい国保財政の中、単年度では歳出超過となりました。そうした中で保険料を実質据え置きしたのは、努力しているのだと思います。しかし国保財政が厳しくなっている理由の一つに法定外繰入金が減ってきていることがあります。13億3千万円繰り入れていたころと比べると、今回の6億2319万円は半分以下です。ここを増やしていかないとますます財政が厳しくなります。法定外繰入金の増額が求められます。
 全国知事会は、国保に公費を1兆円投入することで国保料を「協会けんぽ」並みの負担率にすることを国に要求しています。その通りです。今こそ国の責任で、国保の構造的な問題を解決すべきです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック