藤が岡にあるコンフォール藤沢の市営借り上げ住宅について

 市営借り上げ住宅とは、市営住宅の「民間からの借り上げ」方式のことであり、建物の所有者は市ではなく別の方であり、公営住宅に必要な条件を満たした既設のマンション等を一定期間借り上げ、市営住宅として活用するというものです。
 藤が岡にあるコンフォール藤沢には、市営借り上げ住宅が107戸あります。その内の51戸が、平成33年10月31日で借り上げ契約期間の終了となります。 
そのため市としては、平成30年度中に入居者の意向確認を行い、併せて建物所有者であるUR都市機構と再借り上げの契約について、継続の意向等について交渉を始める予定でいるということです。
 市としては、借り上げ住宅の再借り上げは入居者が引き続き住み慣れた場所で生活できることから、居住の安定を図る上で重要であると認識しているとのことです。
 そのため市としても「コンフォール藤沢についても、これまでどおり、建物所有者との再借り上げの交渉なども含めた契約事務について、尽力するつもり」ですと予算等特別委員会で答弁しています。
 住まいは基本的人権です。住み続けたいという方は、その意思を意向調査の際にしっかり示していくことが大事なことだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック