ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 予算等特別委員会真っ只中

<<   作成日時 : 2018/03/12 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3月5日(月)、代表質問が終わりました。一か所一行飛ばしそうになってしまい、あとから慌ててつけくわえました。ちょっとドキッとしました。でもまぁ無事に終わってよかったです。終わって一瞬だけホッとして、この間予算等特別委員会の準備をしてきました。それも整理がつきそうです。
 そんな予算等特別委員会の真っ只中ではありますが、国政では、森友学園問題をめぐる公文書改ざんが明らかになりました。そのことについて、しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。

 森友文書 改ざんが事実なら内閣総辞職求める・志位委員長が会見

 日本共産党の志位和夫委員長は11日、森友学園問題をめぐる公文書改ざんを、財務省が週明けにも一部認めるとの報道について「改ざんの経過と責任を徹底究明する必要があります」と述べました。都内で記者団に答えました。

 志位氏は、改ざんは財務省理財局長当時の佐川宣寿前国税庁長官(9日辞任)が指示したとする報道に触れ「役人が犯罪行為になりうる公文書改ざんを『自発的』に行うことは考えられません。何らかの政治的圧力があったと考えるのが自然です」と強調。「どんな圧力があって、なぜ改ざんしたのか。安倍晋三首相の妻の昭恵氏の関与を隠すためだったのではないか。ここに解明すべき中心点があります。真相解明のためには佐川、昭恵両氏の証人喚問が不可欠です」と述べました。

 また、志位氏は、政治的責任がどう問われるかとの問いに対して、「改ざんが事実となれば、財務大臣が辞めるだけではすみません。安倍内閣の総辞職を求めていきます。行政府が立法府を欺いたということになれば、民主政治は成り立ちません。絶対にあってはならないことです」と強調しました。

 さらに、週明けの国会で、財務省の報告をよく聞いたうえで、審議などを通じて徹底究明をしていく考えを表明しました。

 志位氏はまた、9日に4野党で共同提出した「原発ゼロ基本法案」と野党共闘について問われ、「再稼働を認めない姿勢をはっきりさせた法案になったことで、共同提案となったことは、たいへんに嬉しいことです。共闘の柱に『原発ゼロ』がしっかり座ったことは、大きな意義があります」と語りました。

 「私たちの提案は、現実的で責任あるものです。今後の国政選挙で『原発から自然エネルギーへの大転換』を大争点の一つにすることができます。野党共闘にとっても、とても大事な前進です」と強調しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
予算等特別委員会真っ只中 ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる