平成30年6月藤沢市議会定例会を振り返って④

 柄沢区画整理事業の清算についてです。この事業の対象権利者数は、約1千1百人います。そのうち、交付となる方が約9百人で、徴収となる方が約2百人となります。
 交付については、5万円未満の方々が交付全体の8割。徴収については30万円以上70万円未満の方々が徴収全体の8割をしめます。
 藤沢市議会6月定例会で、藤沢市都市計画事業柄沢土地区画整理事業施行条例の一部が改正されました。
 「清算金の分割徴収する場合について、納付が困難となる者に係る期限を延長し、及び利率を規定するため」というのが理由です。
 清算金を期限内に納めることが困難であると認められるときは、納付期限を延ばすことができます。また清算金を分割徴収する際の利率は、0.01%と見込んでいるとのことです。  
 8月には換地処分通知書が権利者の方々に送られる予定になっていますので、詳しくは市の担当者にお尋ねください。

"平成30年6月藤沢市議会定例会を振り返って④" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: