藤沢市民病院の経営状況について

 医療崩壊とは、医療機関で働く人員の体制や、ベッドや医療機器の確保、専用のマスクや防護服、消毒液などの必要な衛生材料が不足をし対応しきれなくなってしまうことあわせて、経営的な危機のことでもあります。
 全国で新型コロナの患者を受け入れる病院は、空きベッド確保や一般診療の縮小、手術の延期で減収する一方、医師・看護師の特別配置、病棟・病室の改修などで支出は増大しています。日本病院会など3団体の調査では、コロナ患者の受け入れ病院は4月、平均で1億円の赤字になったということです。ま全国保険医団体連合会の調査によれば、コロナ患者を受け入れていない場合も、一般患者の受診控えで4月は90%近い医療機関が減収したとのことです。
 藤沢市民病院でも、「増加が想定された新型コロナウイルス感染症の患者さんへの適切な診療体制を構築するため、地域の医療機関に対し、救急患者さんを含めた紹介患者さんの受け入れを制限し」たこと。個室病棟の一部を新型コロナ感染症の感染拡大に備えた専用病棟として、空床確保対策を実施し」たなどの「一連の対応により一般の入院・外来患者さん抑制させたことから、収益については対前年比でマイナスが続いていると厚生環境常任委員会で答弁しています。
 国県市合わせて支援を強めるべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント