再び9月入学を考える

 党議員団では、新型コロナウイルスの影響について緊急アンケートに取り組んでいます。FAXやメールによる返信なのですが、何通か返事が来ています。その中で、9月入学に関するご意見・ご要望が寄せられていました。今年、年中さんになったお子さんがいるとのことで、「半年間年長をとばしていきなり入学となると大変」という旨の内容でした。9月入学は、学校教育だけでなく未就学児童にも影響するんだと改めて思ったところです。様々な角度からの検討が必要で、慎重さが求められます。やはり今やるべきではありません。それではしんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。 9月入学 拙速な導入 問題深刻化・日本教育学会が声明  教育学研究者でつくる日本教育学会は11日、政府が検討を進めている学校の「9月入学・始業」について、「拙速な導入はかえって問題を深刻化する」として「慎重な社会的論議を求める」との声明を発表しました。  声明は9月入学問題が浮上した背景として、新型コロナウイルス感染拡大で休校が長期化したことによる勉強の遅れや受験への不安、貴重な学校生活の時間を削減しないでほしいという子どもたちの声や再開後の詰め込み・スピード教育を心配する保護者・教師の心配があると指摘。こうした声に「真摯(しんし)に耳を傾けることが求められる」と述べるとともに、9月入学は「状況をさらに混乱させ、悪化させかねない」「学力格差の是正への有効性などには数多くの疑問がある」としています。  学校でも社会でもさまざまな支援が求められているときに、限られ…

続きを読む