藤沢市長選挙の争点について

 2月20日(月)、藤沢市長選挙に臨む加藤なを子さんの事務所開きをおこないました。昼の部と夜の部でおこない、私は昼の部に参加しました。昼の部は約80名が参加し、大いににぎわっていました。  さて今回の藤沢市長選挙、私たちは5つの争点があると考えています。  第一の争点は、大型公共事業優先・福祉切り捨ての国・県にきっぱりものを言い、市民の命とくらし最優先にすすめる市長か、国・県のほうしんそのまま藤沢に持ち込む市長かです。  第二に、全国的にみても豊かな藤沢市の財源を市民要望の多い事業優先に使う市長か、不要不急の大型公共事業優先に使う市長かです。  第三は、市民に寄り添い、市民の声に耳を傾け、市民の声に添って事業計画を立てすすめる市長か、それとも先に市の結論ありきで市民の声を無視して事業をすすめる市長かです。  第四に、安倍内閣のすすめる「海外で戦争する国づくり」と「安保法制(戦争法)」、侵略戦争を賛美する育鵬社の教科書採択にきっぱりと反対を表明し、平和憲法と「市平和条例」に基づく平和事業と民主的な教育行政をすすめる市長か、安倍内閣のすすめる「安保法制(戦争法)」を容認し、「育鵬社」の教科書採択を認める市長かです。  第五に、地球温暖化により気温が上昇し、日本でも大規模な災害が頻発しています。石炭火力発電所建設や原発再稼働を推進する安倍政権にきっぱり止めるようものを言う市長が求められます。(以上、平和な民主藤沢市政をつくるみんなの会の藤沢市長選挙で問われている5つの争点より)  藤沢市政…

続きを読む

加藤なを子さんを新しい女性リーダーに

 1月9日(木)に記者会見をおこない、元県会議員の加藤なを子さんが、藤沢市長選に立候補すると発表しました。それから10日あまり、急ピッチで様々進展しているところです。  改めて「子育て・福祉・くらし優先 チームふじさわ」の発行するニュースに掲載された、加藤なを子さんのメッセージを紹介します。    市民のくらしに寄り添う市政に転換を  私は、藤沢市議会議員3期、神奈川県議会議員1期をつとめ、地方政治は市民の福祉とくらしを守る防波堤であるべきと強く感じています。  今、藤沢市政は市民の願いが届いているといえるでしょうか。一人ひとりの市民のくらしに寄り添い、それを支える市政をみなさんとご一緒に実現したいと考えています。困っている人に福祉が行き届き、子どもたちも。障がいのある方も、高齢者も大切にされる市政をめざします。そのためには、国・県いいなりの市政運営を改めることが必要です。  そして税金の使い方の優先度を変え、市民の命と財産、健康を守り、住民が主人公の藤沢市をつくるために全力をつくします。  私も頑張ります。

続きを読む

新年のごあいさつ

 昨年は大変お世話になりました。 多くの皆さんのお力添えのおかげで、三期目の当選を果たすことができました。ご期待に応えるように力を尽くします。   さて、先の国会では経済産業大臣と法務大臣の二人を事実上の引責辞任に追い込みました。また大学入試での英語民間試験導入は延期に、さらに国語と数学の記述式は導入見送りとなりました。政治は変わるし、変えられることができます。  そして、今年2月には藤沢市長選挙がおこなわれます。藤沢市では行財政改革の名の下に、障がい者の医療費助成制度や幼児教育振興助成費などの福祉や医療、子育てに関する33の事業を国、県の補助を上回っているから、他の自治体と比較して高い水準だからという理由で軒並み削減対象にしています。このような市民に冷たい市政の転換を図る絶好のチャンスです。  今年も一歩でも二歩でも政治が変わるように頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。

続きを読む