藤沢市長選挙の争点について

 2月20日(月)、藤沢市長選挙に臨む加藤なを子さんの事務所開きをおこないました。昼の部と夜の部でおこない、私は昼の部に参加しました。昼の部は約80名が参加し、大いににぎわっていました。
 さて今回の藤沢市長選挙、私たちは5つの争点があると考えています。
 第一の争点は、大型公共事業優先・福祉切り捨ての国・県にきっぱりものを言い、市民の命とくらし最優先にすすめる市長か、国・県のほうしんそのまま藤沢に持ち込む市長かです。
 第二に、全国的にみても豊かな藤沢市の財源を市民要望の多い事業優先に使う市長か、不要不急の大型公共事業優先に使う市長かです。
 第三は、市民に寄り添い、市民の声に耳を傾け、市民の声に添って事業計画を立てすすめる市長か、それとも先に市の結論ありきで市民の声を無視して事業をすすめる市長かです。
 第四に、安倍内閣のすすめる「海外で戦争する国づくり」と「安保法制(戦争法)」、侵略戦争を賛美する育鵬社の教科書採択にきっぱりと反対を表明し、平和憲法と「市平和条例」に基づく平和事業と民主的な教育行政をすすめる市長か、安倍内閣のすすめる「安保法制(戦争法)」を容認し、「育鵬社」の教科書採択を認める市長かです。
 第五に、地球温暖化により気温が上昇し、日本でも大規模な災害が頻発しています。石炭火力発電所建設や原発再稼働を推進する安倍政権にきっぱり止めるようものを言う市長が求められます。(以上、平和な民主藤沢市政をつくるみんなの会の藤沢市長選挙で問われている5つの争点より)
 藤沢市政の転換のため、がんばります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント