大学入学共通テストへの英語民間試験導入は延期、こぼれ話

 大学入学共通テストへの英語民間試験導入は延期となりました。高校生や先生方など当事者のみなさんをはじめ多くの国民の声が政治を動かしました。さらにすすんで中止に追い込みましょう。  さてこの問題を調べているなかで、とても良い資料に出会いました。東京大学高大接続研究開発センター主催のシンポジウム報告書で、タイトルは「大学入学選抜における英語試験のあり方をめぐって」。2018年3月東京大学で行われたシンポジウムです。大学の先生、高校の先生、試験業者であるベネッセ、そして文科省。その文科省の方がとても懐かしい?(といっても10年経ちませんが)。文部科学省高等教育局大学振興大学入試室長山田泰造さん。誰?。文科省から出向し、2011年9月から2012年6月まで藤沢市教育委員会教育次長をつとめた方なのです。この大学入試改革でずいぶん頑張ってきたみたいですね。今の文部科学省高等教育局大学振興大学入試室長は別の方なので、どちらかに移られたのでしょうか。

続きを読む

大学入学共通テストへの英語民間試験導入は延期に

 大学入学共通テストへの英語民間試験導入は延期となりました。とりあえず、第一歩というところでしょうか。地域格差や経済格差、違う目的のテストを無理やり共通の基準に当てはめる妥当性や厳密性などなど多くの問題点が指摘されていました。2024年度に新たな試験となるようですが、民間試験の導入は延期ではなく導入そのものをやめるべきです。しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。  萩生田光一文科相は1日の閣議後の記者会見で、2020年4月の大学入試への英語民間試験の導入について、延期すると表明しました。同試験をめぐっては、家庭の経済力や居住地で格差が生じるとの懸念が現役高校生や幅広い教育関係者から噴出。野党は共同で導入延期法案を衆院に提出し、日本共産党の畑野君枝議員が10月30日の衆院文部科学委員会で撤回を要求。野党は一致して導入中止を求めていました。  導入延期を受け、延期を求めて文科省前などで声を上げてきた高校生が1日夕に国会を訪れ、野党議員と報告集会を開催。高校2年の男子生徒は「声をあげたことが初めて実る経験をした。日本では決まったことは仕方がないと受け入れることが多いが、おかしいと声をあげたことに応援・賛同してくださる方が増え、改悪を止める第一歩を踏み出せたことに感謝します」と発言。高校1年の女子生徒も、延期の知らせが学校で話題になったとし「今まで声を上げても何も変わらないと思っていた。でも、この問題を通じて、声を上げる人がいるから変わるんだと思えた」と語りました。  萩生田氏は10月24日のB…

続きを読む

武田問題対策連絡会の総会に参加

 10月29日、武田問題対策連絡会の総会があり参加しました。前半「湘南アイパーク(武田薬品)の現状と村岡問題」と題した報告では、武田薬品湘南研究所から湘南ヘルスイノベーションパークに移り変わった変遷と現状、村岡新駅についての経過と問題点などについて話をしました。  また武田問題対策連絡会では、以前より研究室の集中滅菌装置に対してより危険であるから中止してほしいと武田薬品工業に対し要望してきました。そのことに関し総会では、『今年の2月、武田薬品から藤沢市に「研究内容が変わり、集中滅菌装置は使用しなくなったので、撤去する」との回答を得て、その後集中滅菌装置は撤去したとのことです。長年の市民要求が実りました。』と報告していました。よかったです。

続きを読む