決算委員会・寝具乾燥消毒事業費

 この事業は65歳以上の介護保険認定区分が要支援または要介護認定を受けている方で、寝具の衛生管理が困難な方を対象に、掛布団、敷布団などの寝具類を指定事業者が利用者宅を訪問・回収し、丸洗い・乾燥・消毒を行うというものです。
利用料金は無料で、利用者本人が市民税を課税されている場合は、偶数月に実施、それ以外の方は毎月実施しています。ただし7月からは、利用者本人が属する世帯の市民税で判定するということです。
決算額は、244万7,712円になります。
 前年度比で約100回増えているのでその理由を聞いたところ、あんしん便利帳に掲載。ケアマネジャーにも周知したということで増えたということでした。寝具類の清潔保持は、寝たきり高齢者等が健康で衛生的な生活を送る上でも重要なものです。
 ところが行財政改革の見直し検討事業になっている中で、財政的な負担が課題となっていて現在非課税世帯が年8回・課税世帯を年4回実施にするという見直しを検討しているとのことです。
決算額で約245万円の事業が「財政的負担が課題」といわれても理解に苦しみますし、、寝たきり高齢者等が健康で衛生的な生活をということであれば、見直して回数を減らすべきではありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント