愛知の企画展中止問題について

 愛知県内で開かれていた企画展中止が大きな問題となっています。公だからこそ表現の自由が最大限保障しなければならないと思いますし、行政が検閲をするなどしてはならないと思います。しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。

愛知の企画展中止問題・行政の検閲 言語道断・小池氏批判

 日本共産党の小池晃書記局長は4日、仙台市内での同市議選応援演説の中で、愛知県内で開かれていた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で旧日本軍慰安婦を表現した「平和の少女像」などを展示した企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題について、憲法が定めた「表現の自由」を脅かすことは許されないと批判しました。
 小池氏は、少女像の展示を問題視した名古屋市の河村たかし市長が展示中止を県に申し入れ、菅義偉官房長官が補助金交付に関し「精査して対応したい」と述べたことを挙げ、「テロ予告があったことなど、脅迫行為は許されない。しかし、表現の自由を断固として守るべき行政が展示させない態度をとったことは言語道断」と糾弾。「行政が展示物の内容が問題だと展示を中止させるのは、憲法が禁止している検閲だ」と厳しく指摘しました。
 「公的機関には多様な表現の機会を保障する責任がある」とし、「表現の自由という民主主義の基本が脅かされるとき、国民の人権が踏みにじられる」と述べ、「戦前・戦時下、日本では検閲が行われた。日本を再び『検閲国家』『戦争する国』にしないために、今こそ党派の違いを超えて声をあげよう。市議選ではその願いを共産党に託してほしい」と訴えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント