児童クラブの整備について

 藤沢市議会が、はじまっています。6月24日(月)が私の一般質問で、やっと原稿がまとまったところで、気持ちも落ち着きました。
 市議会の本会議で、みらい創造財団放課後児童クラブについて質疑しました。
 本市の児童クラブは、全体で65施設あり、受け入れ児童は3,620人です。
 一方国基準の待機児童は、4月1日現在で80人います。一年生が9人、二年生が5人、三年生が6人、四年生が8人、五年生が26人、六年生が26人という内訳です。 
 本市の放課後児童クラブの多くは、みらい創造財団によるものです。今年の整備の予定は、2クラブを新設、2クラブが耐震対策のため建て替え、1クラブが移転、その他2クラブで改修と7クラブの整備を予定しています。
 共働き世帯やひとり親世帯が増えている中で、子どもたちが放課後を安全で安心して過ごせる学童クラブのさらなる整備をが求めました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック