ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 市民病院の損害賠償額の決定について

<<   作成日時 : 2018/09/05 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月3日(月)から藤沢市議会9月定例会が始まっています。5日(水)に本会議質疑がおこなわれ、私は市民病院の損害賠償額の決定について質疑しました。
 これは高所から転落して左肘関節脱臼として市民病院で治療したが、実は左手月状骨脱臼を見落した。そこで被った損害に対し、相手方に674万2240円の支払いをするというものになります。どんな状況で、何故見落としがあったのか、再発防止はどうするのか質疑をしました。また示談までに約3年かかっているのですが、それは障害等級の話し合いがまとまらず、一致するのに時間がかかったからということでした。
 再質問では、「いのちと健康を守るべき医療機関での不幸な医療事故は、あってはならないことであり、二度と起こさないために原因の究明と再発防止対策に全力をあげ、医療の安全性を確立することは、医療機関の使命です。市民病院としても今回の事故のことを真摯に反省し、病院内でもしっかり共有し、二度とおきないように努めていただきたい。
こうした事故が起きた場合に重要なことは、まずは患者さんの立場に立って人権を尊重し、うそいつわりなく真実を話すこと。原因究明にあたっては、「誰が起こしたのか」ではなく「なぜ起きたのか」の立場でその背景も含めて多角的に分析すること。その上で再発防止のために何が必要なのかを明らかにすることです。さらに情報を公開し、経験や教訓を広げること、適正な補償も大事です。医療事故の多くは個人ではなく、組織・システムに起因するものが多く、見落としは医師だけの問題ではありませんし、個人の責任を負わせることに意味はありません。
 そうしたことを考え合わせると救急から通常外来への引き継ぎフォローはどうであったのか、左手の痛みの訴えをどうとらえているのかなど適正な医療をおこなうためにも、改めてチーム医療を徹底していくことが大事なことだと思うが、その点で再発防止についてどう考えているのか。」と再発防止をしっかり行うよう尋ねました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市民病院の損害賠償額の決定について ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる