アクセスカウンタ

<<  2018年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
大学入学共通テストの英語を考える
 4月18日付けのしんぶん赤旗日刊紙の記事に「シリーズ現代の視点・東京大学教授安倍公彦さんに聞く」という記事がありました。2020年度から始まる大学入学共通テストの英語でTOEICやTOEFL、英検など8種の検定資格試験が使われことになりますが、その問題点について、英米文学者の安倍教授のインタビュー記事でした。小学校での国際(英語)教育が本格化する中で、国際(英語)教育には興味をもっていましたが、中々興味深い記事でしたし、その通り!だと思いました。  まず「英語入試の民営化は、若い世代の学習に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 12:53
疑惑の徹底究明を!
 しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 16:48
高齢者の移動支援を考える
 高齢者の移動支援は、市としても大事な課題だと思います。交通は、人やモノの交流や活動を支え、市民生活にとって欠かせないものです。交通を取り巻く社会経済情勢は、地方の過疎化の進行や、地域社会の高齢化、人口減、地球環境問題の深刻化などにより大きく変化してきています。 交通・移動の権利は、日本国憲法が保障した居住・移転の自由(第22条)、生存権(第25条)、幸福追求権(第13条)など関連する人権を集合した新しい人権です。市民が安心して豊かな生活と人生を享受するためには、交通・移動の権利が保障され行使... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/11 13:43
今度は防衛省か?
 防衛省の内部文書について新たなことが発覚したようです。しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/04 13:53
村岡新駅の進捗状況
 今年度、村岡新駅に関わる予算額は622万7千円でした。内訳としては湘南地区整備連絡協議会等に対する負担金や需用費、旅費、賃金などの事務的経費となります。  一方鎌倉市の状況ですが、平成31年度の都市計画決定に向けて、手続きを進めていくようです。ただ事業の進捗は、県・鎌倉市と整備費用の負担割合などについて協議・検討をしているところですが、意見に隔たりがあり合意には至っていません。  そんな状況の中、本年度は合意に向けて両地区の一体的なまちづくりのスケールメリット、デメリットの検討や財政支出の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/03 10:58
非正規で働く人が無期雇用に転換できるルールが始まりましたが
 非正規で働く方に対し、無期雇用に転換できるルールの運用が4月から始まりましたが、それに先立ってどうも雇止めとなるケースが目立っているようです。しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 17:11
小学校での国際教育について
 小学校での外国語教育は、32年度全面実施にむけて、取り組まれています。30年度は3・4年生では外国語活動として新たに年間で15時間実施、5・6年生ではこれまでの年間35時間15時間加え年間50時間の実施予定です。32年度の全面実施では56年生が70時間、34年生が35時間になります。  日本語の能力がまだ十分に育っていない中で、子どもたちに英語教育を推進することはいかがなものかという声がありますが、私もそう思っています。それよりも、まずはしっかり日本語や日本のこと(歴史、風習、習慣など)を教... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 14:14

<<  2018年4月のブログ記事  >> 

トップへ

ハイ!土屋としのりです 2018年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる