ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護報酬の改悪について

<<   作成日時 : 2018/01/30 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 厚生労働省は1月26日、介護報酬の2018年度改定案を社会保障審議会の分科会に示し、了承されました。
 在宅介護を支える通所介護では、大規模デイサービス(月の利用者751人以上)の報酬を大幅に引き下げました。
この引き下げは、2015年度改定の小規模デイ(月の利用者300人以下)に続くものです。要介護1でサービス提供が7時間以上9時間未満の場合645単位なのですが、それを7時間以上8時間未満とし、さらに上限は617単位。8時間以上9時間未満とし、634単位に引き下げました。これでは通所介護を運営する事業所の経営悪化と利用者サービスの低下につながる恐れがあります。
 訪問介護では、身体介護と生活援助の報酬に「メリハリ」をつけるとして、サービス提供時間に応じて身体介護で3〜11単位引き上げる一方で、生活援助の報酬を2単位引き下げました。
それだけでなく生活援助の利用抑制を狙い、1カ月の利用が一定数を超えるケアプランについて、市町村の地域ケア会議に届け出ることをケアマネジャーに義務付けました。利用を妨げるような上限設定はやめるべきです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護報酬の改悪について ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる