ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府は生活保護削減を撤回し、2013年前まで戻すべきです

<<   作成日時 : 2018/01/29 14:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 政府は、生活保護を最大5%削減する方針を決めました。2013年の見直しでは、最大10%削減しており、それに続く削減となります。
 政府は、生活保護削減の理由として、「生活保護を利用していない低所得世帯の生活水準が下がったからそれに合わせて引き下げる」としています。政府は、「安倍政権になって貧困は改善した」と宣伝していますが、「低所得世帯の生活水準が下がった」ということであれば「貧困は改善」ということと矛盾をします。実態は、中間層の所得が落ち込んだため、「貧困層」にあたる人の割合が見かけ上、少なくなったからにすぎません。むしろ、中間層が所得を減らし、貧困層は放置され、国民生活はますます落ち込んでいます。
 国民生活に影響 生活保護削減の影響は生活保護受給者だけにとどまりません。住民の暮らしに重大な影響を与えます。住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などに影響します。
生活保護の削減は、際限のない「貧困の悪循環」をもたらすことにつながります。
 今回の削減は、子どもの多い世帯ほど削減幅が大きくなります。都市部に暮らす「夫婦と子ども2人世帯」の場合、生活保護費は年11万円の減額。2013年の削減と合わせると年37万円もの大幅な減額になります。
 生活保護は、すべての国民に生存権を保障した憲法25条の具体化であり、最後のセーフティーネットです。
政府は、生活保護削減方針を撤回し、2013年の削減前の水準に戻すべきです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
生活保護扶助額>低所得者収入
についてどう思われますか?
天邪鬼
2018/01/30 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府は生活保護削減を撤回し、2013年前まで戻すべきです ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる