ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 候補者擁立?一本化?

<<   作成日時 : 2017/09/30 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 民進党の「解党」ともいうべき希望の党への合流について、市民の方や他党派の議員、マスコミ関係者から「共産党さんは(小選挙区の12区は)どうするの?」と聞かれます。この点で、日本共産党議員団総会での志位委員長のあいさつで基本的な考え方を話していますので、紹介します。

 希望の党との関係で
 この党の政治的主張の要はどこにあるか。昨日、(「希望の党」)結党の会見で、安保法制について細野(豪志衆院)議員が、「白紙撤回では、北朝鮮の問題、厳しい安全保障環境に対応できない」「既存の法制を認め、現実的な対応をしていくのが保守政党としての矜持(きょうじ)」だといいました。つまり憲法違反の安保法制=戦争法を容認するということです。そして、9条を含めて憲法改定を進めることも公言しています。安保法制=戦争法の容認と9条も含めた改憲の推進――この二つが「希望の党」の要なのです。そういう政治的中身から見ても、この党が自民党の補完勢力であることはあまりにも明らかではないでしょうか。
 そして、この党はいかなる意味でも、わが党との共闘や連携の対象とならないことも明らかではないでしょうか。 
 民進党の候補者が、「希望の党」の公認候補となった場合には、わが党は原則として候補者を擁立してたたかうことは当然のこと。


 社民党との関係
 小池(晃)書記局長と社民党の又市(征治)幹事長が会談をしまして、日本共産党と社会民主党は総選挙においてできる限り多くの選挙区で一本化を図るということで合意しました。社民党のみなさんとはこの選挙を一緒にたたかうことになります。

 追伸:その後日本共産党と社会民主党で11都道府県20選挙区で候補者一本化に合意との発表がありました。神奈川県では、10区は日本共産党のはたの君枝衆議院議員に、15区は社会民主党の佐々木克己氏となりました。

以上です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
候補者擁立?一本化? ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる