ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 核兵器禁止条約にサインする政府を

<<   作成日時 : 2017/08/07 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月6日は広島に原爆が投下された日です。この1年間で亡くなった被爆者は5,530人で、犠牲者は30万8725人となりました。亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
 しんぶん赤旗日刊紙の記事を紹介します。
 
 私たちの手で核兵器禁止条約にサインする政府を・広島・世界大会 志位委員長が連帯あいさつ
日本共産党の志位和夫委員長は6日、広島市で開かれた原水爆禁止世界大会で連帯あいさつし、「私たちの手で核兵器禁止条約にサインする政府をつくろう」と呼びかけました。

 志位氏は、「国連会議」での核兵器禁止条約の採択によって「私たちの運動が『新しい段階』に入った」と指摘。「核兵器禁止から核兵器廃絶へと、人類の歴史をさらに前に進めるために、力を合わせて頑張りましょう」と訴えました。

 「国連会議」に参加して強く実感したこととして、日本の原水爆禁止運動が会議成功の大きな貢献となったことを、被爆者が果たした多大な役割への感動を込めて強調。さらに、「『ヒバクシャ国際署名』の力を強く実感した」として、「署名を数億の規模で集め、核兵器にしがみつく勢力を包囲しましょう」と呼びかけました。

 志位氏は、同日朝に参加した広島市の平和記念式典であいさつした広島市長、広島市議会議長、県知事、国連事務総長(代理)の全員が核兵器禁止条約に言及し、核兵器廃絶への決意を語った一方で、「ただひとり、この条約に一切ふれなかったのが安倍首相です。この落差が際立ちました」と指摘。「122もの国が賛成して採択された条約を、あたかもなかったことのようにして扱うことは許されないし、そんなことが通用するわけがありません」と強く批判しました。

 志位氏は「日本政府が、これまでの態度を改め、核兵器禁止条約への参加を真剣に検討することを強く求めます」と主張。「国民の手で、核兵器廃絶を求める世界の本流の先頭に立つ政府をつくろうではありませんか」と訴えると、参加者は大きな拍手で応えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
核兵器禁止条約にサインする政府を ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる