アクセスカウンタ

<<  2017年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
子宮頸がんワクチンを考えるB
 サーバリックスの添付文書に記載されている効能・効果に関する文書の接種上の注意事項では、効能効果はヒトパピローマウイルス、HPV16型、18型感染に起因する子宮頸がん及び前駆病変、頸部上皮内腫瘍の予防と記載されている。その関連する接種上の注意事項については、「HPV16型及び18型以外のがん原性HPV感染に起因する子宮頸がん及びその前駆病変の予防効果は確認されていない。」「接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じているHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。」「本剤の接種は定期的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 10:11
子宮頸がんワクチンを考えるA
 わが党の高橋千鶴子議員は、2015年 5月 13日の厚生労働委員会でワクチン接種を推奨する団体の意見に賛同する医師が協力医療機関に多数所属している問題を質疑しました。推奨団体と役員が重複する「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」が子宮頸がんワクチン製造2社から資金提供を受けている事実を示し、製薬会社の自主規律違反ではないかと指摘しました。  厚労省の二川一男医政局長は「その可能性もあり、調査している」と答えました。(しんぶん赤旗2015年5月15日付) 議事録では以下の点を指摘しています。「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 06:52
子宮頸がんワクチンを考える@
 子宮頸がんワクチンに関する陳情が、本市議会に提出されたこともあり、改めて調べ直しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 16:05
就学援助・入学準備金の入学前支給について一般質問
 就学援助制度は、生活保護を受けている世帯、あるいはそれに準ずる困窮世帯に対して、学用品や入学準備品など学校生活にかかわる諸費用を援助する制度です。本市では、小学校で約三千五百人、中学校で約二千人が対象と見込まれています。  支給時期は年間3回で、4月から7月分は9月に、9月から12月分については1月に、1月から3月分については3月となっています。 4月から7月分は9月ということなので、入学進学シーズンに間に合いません。入学前の出費への援助が新年度に入ってからでは遅過ぎるので入学前に支給すべ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 12:39
意見書の採択
 6月定例会で、意見書が3つ採択されました。  「神奈川県最低賃金改定等に関する意見書について」。神奈川県の最低賃金改定等を求めたものです。  「子宮頸がん予防ワクチンの定期接種の中止と検診体制の刷新、接種者全数健康調査を求める意見書について」。ワクチンの安全性や治療体制が確立されることなどするまでワクチンの一時中止を求めたものです。  「米海軍空母艦載機の夜間飛行に関する意見書について」は、夜間飛行の爆音被害に対し、日米合意を遵守することを求めたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/26 13:49
一般質問が終わりました
 6月22日(木)、一般質問が終わりました。子育て施策の充実ということで、一つは保育行政全般質疑しました。「藤沢市保育所整備計画」の今後、認可保育園に申し込んでも入れない待機児解消(611人です!)をすすめること、株式会社保育園の問題点、保育士の待遇改善、保育料の値上げ中止などを取り上げました。  もう一つは、就学援助・入学準備金の入学前支給についてです。「まず、中学校の新入学費用の前倒し支給について、県内各市との情報共有を図りながら、課題の整理をしたうえで進めていきたい」旨の答弁がありました... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 17:05
児童クラブの施設整備
藤沢市の児童クラブについてです。児童クラブは共働き世帯やひとり親家庭が増えている中で、子どもたちが放課後を安全に安心して過ごせる学童保育の拡充は、いっそう切実な願いであり、さらなる整備が求められます。 児童クラブの数は60クラブに増え、3,241人の児童が入所をしています。今年度の整備の予定です。みらい創造財団では夏休み前に1施設、平成30年4月開所に向けて1施設と合計2施設70人の受け入れ児童数増を計画しています。また公募により選定した事業者が2施設118人の受け入れ児童数増を計画していま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 09:08
総務常任委員会の報告
 6月13日(火)、総務常任委員会が開かれました。私は、「請願29第1号 所得税法第56条廃止の意見書を国に提出することを求める請願」の紹介議員として、議場に入りました。緊張しました。一方請願者の方は、堂々と意見を述べていました。賛成は柳沢議員のみで否決されてしましました。残念。  陳情29第6号組織犯罪処罰法改正案(共謀罪法案)の廃止を政府に求める意見書の提出に関する陳情では、一部議員がかなり意見陳述者に迫っていました。本来、陳情書に書ききれないことを聞くのが目的だったように記憶しているので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 08:49
建設経済常任委員会の報告その4
 いずみ野線延伸に向けた取り組みについてです。A駅B駅それぞれの概ねの位置が合意が図られたことが報告されました。  A駅B駅合わせた一日の利用者は、パーソントリップ調査などをもとにすると約25,800人とのことです。しかしこのパーソントリップ調査は、以前佐藤清崇議員の指摘したように不正確な部分もあり、そのまま受け取れるものではありません。  A駅の出入り口ですが、高倉遠藤線の地下への設置を予定。出入り口は駅の中央付近、高倉遠藤線の南北一か所ずつ設置することを基本に検討中とのことです。  住... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 15:16
建設経済常任委員会の報告その3
 「藤沢市都市マスタープラン」の改定について、が報告されました。津波に対するまちづくりの考え方を追加し、少子超高齢社会等に対するまちづくりの考え方の強化、進行管理におけるより分かりやすい指標の考え方の追加をおこなったものです。  津波対策に対する住民参加のあり方、災害弱者への対応、コミュニティバスなど身近な公共交通を走らせていくこと、公共施設の更新などについて質疑しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 10:52
建設経済常任委員会の報告その2
 陳情29第5号隣家の空き家についての陳情が提出されました。隣家の空き家でツタが伸び放題になっていて、困っているという内容です。  陳情項目は、「隣家の空き家による経済的損失と治安悪化の懸念に対して市が具体的対策をを講じるようしてください」というものでした。具体的対策とは、「市が所有者に対して隣家の空き家を売却する、貸し出すといった、強く働きかけ」「特定空き家の認定」を望むというものでした。  隣家の空き家の所有者と市側と連絡が取れており、昨年ツタを根切りしたこと。また本年もツタが伸び始める... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/10 10:34
建設経済常任委員会の報告その1
 6月8日(木)、建設経済常任委員会がおこなわれました。  議案は一つで「町の区域の設定について」、これは柄沢地区の町名地番の変更(一部を除いて)をおこなうというものです。  検討経過や住民周知などを聞きながら、住民合意でやってきたのかどうかを確認しました。また費用負担についても聞きました。無料の町名地番変更証明書を発行すること、住所変更のお知らせ用に送料無料のはがきを提供するとのことです。また今後「住所変更の手引き」を作成していくとのことでした。  今後にあたっても丁寧にすすめていくこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 11:56

<<  2017年6月のブログ記事  >> 

トップへ

ハイ!土屋としのりです 2017年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる