ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 談話「米国トランプ政権によるシリア攻撃について」

<<   作成日時 : 2017/04/09 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 米国はシリアに対し、ミサイル攻撃をおこないました。シリアが科学兵器を使ったという理由のようです。もちろん化学兵器の使用は許されません。だからといって、国連を無視して勝手に他国を攻撃していいわけがありません。ましてや、証拠も不十分です。非常にカーボーイ的なやり方だなぁと感じました。
 以下談話を紹介します。

 米国トランプ政権によるシリア攻撃について

 2017年4月7日・ 日本共産党幹部会委員長 志位 和夫

一、シリア北西部で、化学兵器とみられる攻撃で多くの犠牲者が出たと報じられるなか、米国のトランプ政権は6日(日本時間7日午前)、シリアの空軍基地へ数十発のミサイル攻撃をおこなった。

 化学兵器の使用は、誰によるものであれ、人道と国際法に反する重大で許されない残虐行為である。しかし、国連安保理の決議もないまま、米国が一方的に攻撃を強行したことは、国連憲章と国際法に反するものであり、厳しく抗議する。軍事攻撃は、シリア内戦をさらに悪化させることにしかならない。

一、米英仏は5日に提示した安保理決議案のなかで、シリアでの化学兵器使用について、国際的な真相究明を求めていた。米国の一方的な攻撃は、自らの主張にも反するものといわなければならない。国連を中心に、国際社会が一致協力して、化学兵器使用の真相をつきとめ、使用したものにきびしい対処をおこない、二度と使われることのないよう取り組みを抜本的に強めることこそ必要である。

一、とりわけ憂慮されることは、米国トランプ政権が、今回の攻撃を、「米国の安全保障上の死活的な利益にかかわる」と合理化していることである。「米国第一」の立場で一方的な軍事攻撃を合理化する態度はきわめて危険であり、絶対に認められない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
談話「米国トランプ政権によるシリア攻撃について」 ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる