ハイ!土屋としのりです

アクセスカウンタ

zoom RSS 就学援助の前倒し支給を求めて

<<   作成日時 : 2017/03/29 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  就学援助制度は、経済的に苦しい家庭に対し、小中学生の学用品や給食費を援助する仕組みです。本市の29年度就学援助認定者の見込みは、小学校3,500人・中学校2,080人となっています。
 現在の就学援助費は、かかった費用について援助をしていて、支給時期は4〜7月分が9月に、9〜12月分が1月に、1〜3月分が3月になります。
 しかしそれでは、小中学校の進級時期には間に合いません。入学前の出費への援助が、新年度に入ってからでは遅すぎます。県内他市では小田原市、大和市、海老名市が、準備費用として小学6年生で支給しています。鎌倉市と厚木市は、実施予定です。やれないことはないのです。
 文科省の「要保護児童生徒援助費補助金の事務処理について」の留意事項では、「児童生徒が援助を必要とする時期に速やかにしきゅうすることができるよう十分配慮すること」と通知されています。また国会でも、文科省初等中等教育長が、前倒し支給に対し「補助対象とすることが可能だ」と答えています。このように国も前を向きつつある中で、本市の姿勢が問われます。
 「本市でも前倒し支給に踏み出すべきだ」との質問に対し、「各市とも重い財政負担に苦慮している」「本市の公立中学校以外へ入学した場合の就学援助費の扱いや年度で支給額が変更になる場合など、整理が必要な課題も多い」「今後は、他市の動向に注視し」「課題の整理が可能かどうか研究」との答弁でした。
 他市ではやれているわけですから、やるという前提で課題解決にあたるかどうかではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
就学援助の前倒し支給を求めて ハイ!土屋としのりです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる